酵素菊のマーク株式会社
〒270-1334
千葉県印西市西の原5-9
フリーアクセス 0120-79-8383
──────────────
酵素食品製造卸販売
──────────────
 
055577
酵​素​菊​の​マ​ー​ク​株​式​会​社​
 
 

梅蜜

   
梅蜜 画像
疲労回復効果で知られる「クエン酸」。
カルシウムや鉄分の吸収を高めたり、シミやシワを予防したり、
コレステロールを溜まりにくくしたり、免疫力アップに貢献したりと
大変な働き者の成分です。
 
そんな「クエン酸」が豊富に含まれている青梅を使って
美味しいドリンクを作ってみませんか?
 
冬、のどのイガイガには温かいお湯で5~6倍に薄めてみる。
夏は冷たい氷水や炭酸で割ったり、かき氷にそのままかけてみたり
一年中楽しめます。 
 
適度に柔らかくなった梅の実は、そのまま食べてデザートに♪
軽く凍らせたり、梅ジャムにするのもおすすめです!
 

材料 作りやすい分量(標準量)

材料 作りやすい分量(標準量)
  青梅 1kg~1.2kg
  酵素蜜 舞 2リットル
  ホワイトリカー(35度) 500cc
  梅酒用5号びん 1本
 

作り方

作り方
 
① びんを熱湯で消毒し、きれいなフキンで水気を拭き取り、完全に乾燥させます。
 梅の実を塩水できれいに洗います。きれいなフキンで水気を拭き取ります。
③ 水気を拭き取ったら、竹串などを使ってヘタを一つ一つ丁寧に取り除きます。
④ びんに梅の実を入れて、酵素蜜 舞とホワイトリカーを入れます。
⑤ びんのフタをしっかり閉めてから上下に振って、なるべく温度差の少ない涼しい場所で保存します。
 
梅蜜 ワンポイント
 黄色がかっていない「青梅」を使用しましょう。
  (香りがでて黄色く完熟した梅の場合は、発酵しやすくカビやすいので注意が必要になります。)
  青梅はいくらか多めに入れた方が、梅の風味が出て美味しくできあがります。
 
 ホワイトリカー(果汁酒に適している)を使うと失敗が少なくなります。
  お酒が苦手な方でも100ccは入れるのがポイントです。
  
 びんも梅も、水気が残っているとカビが生えやすくなります。水気はきっちり取りましょう。
 
 酵素蜜<舞>の強力な抽出力で梅のエキスが引き出され、上の方から色が変わっていきます
  1ヶ月もすればお飲みになれますが、長く置くほど美味しくなります。
 

スタッフが梅蜜にチャレンジしました。

スタッフが梅蜜にチャレンジしました。
 
梅蜜チャレンジ
   
今回はお子様にもお飲み頂けるよう、ホワイトリカーなしで作ってみました!
気候などの条件により、抽出状況は異なりますので、ご了承下さいませ。
<<酵素菊のマーク株式会社>> 〒270-1334 千葉県印西市西の原5-9 TEL:0120-79-8383